有酸素だけではダメ!?無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて効率よく脂肪燃焼するダイエット方……

有酸素だけではダメ!?無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて効率よく脂肪燃焼するダイエット方法を!

  • Loadingお気に入りに追加 お気に入りに追加

体を絞るために運動をしていますか?運動するなら無駄な脂肪とおさらばしたいですよね。
より効果ある運動をご存知ですか?無酸素運動、有酸素運動2種類あり、その2種類が脂肪燃焼に関係しています。この2種類を知らないとせっかくの運動が台無しになっちゃうかも?そんなのは嫌ですよね。せっかく運動をしいているなら脂肪とサヨウナラしましょ!

脂肪と筋肉の関係

https://jp.pinterest.com/pin/768145280162997965/
筋肉がつくのは嫌で筋トレをしていない方多いかと思います。しかし、筋肉は大事なんです。脂肪を落とすには、ある程度の筋肉があると基礎代謝が増え、食べても太りにくい身体になります。基礎代謝が悪いと、太りやすくなり、痩せにくいことが起こります。女性の天敵“むくみ“にもつながります。女性は筋肉を嫌いますが、嫌っていたら自分で痩せにくい身体にしてしまっています。

https://jp.pinterest.com/pin/191543790380895215/
なので、より脂肪を燃焼させたいならまずは筋肉をつくることを意識してみましょう!

有酸素運動と無酸素運動の違い


運動には「有酸素」と「無酸素」大きく分けて2種類あるのは知っていますか?

有酸素運動は一般的にはジョギングなどが有名ですが、実は有酸素運動だけでは脂肪燃焼効果が低いとされています。無酸素運動は酸素をあまり使わずにする運動方法。なぜ酸素を取り入れないかと言うと、成長ホルモンが関係しています。成長ホルモンが活発になると体脂肪を刺激し、効率よく燃焼させるという理由です。無酸素運動は筋肉トレーニングの代表的なものとも言われています。

効率よく脂肪を燃焼させるためには有酸素だけでなく、無酸素運動を取り入れると良いとされています。有酸素だけの運動をしてしまうと、脂肪燃焼に時間がかかってしまいます。そのため、ダイエット目的で有酸素運動を行っても体重が減るまで時間がかかります。


また、無酸素運動は基礎代謝を高める効果があります。なので、ダイエットの効果を出したいのであれば、無酸素運動がおすすめです。

おすすめの運動種類


無酸素運動では身近なものでダンベル、スクワット、短距離走などのトレーニング方法があります。ダイエットの効果を出すためにも有酸素運動のウォーキングなども取り入れつつ、

この記事に関するキーワード

人気記事

Sorry. No data so far.